HOME>イチオシ情報>サイレントキラー対策には食事制限が一番です

塩分をセーブ

宅配物

臓器の中でも、沈黙の臓器と言われているのが腎臓です。二つある腎臓が機能しなくなると、人工透析を余儀なくされてしまいます。一旦人工透析を始めてしまうと、週に三回の4~5時間は拘束されることになります。前段階で止めることが重要で、腎臓病食の役割は高まっていると言えます。腎臓病食の最大の特長は、塩分が抑えられていて尚且つカロリーも低いことです。成人男性の理想のカロリー摂取は、一日あたり2200~2400だと言われています。それを超えてしまうと、糖尿病発症のリスクが高まって腎機能が落ちてしまいます。お腹がある程度満たされて、味も良いのが腎臓病食の利点です。

単価が安い

弁当

健康食品メーカーやお弁当店では、腎臓病食の宅配を行っています。一食あたりの単価は、600~800円とリーズナブルです。毎日メニューが変わって、飽きることがありません。また、おかずのみの注文にも応じてくれます。旬の野菜や果物を使ったお弁当は美味しくて、健康増進には最適だと言われています。無論、肉や魚を使ったメニューもあります。若いうちから腎臓病食を食べる方も多いですし、ダイエットにも成果が出ています。

日本人に多い糖尿病

宅配物

世界の中でも、日本は糖尿病患者が多いと言われています。諸悪の根源は肥満で、肥満が糖尿病、そして腎臓病へと繋がってしまいます。機能を維持しながら生活をして、腎臓本来の働きを取り戻す必要があります。少なくとも一年は腎臓病食を続けてみることで、体質を変えることが出来ます。薄味は物足りなく感じることがありますが、慣れると違和感がありません。腎臓病食を食べることで、いつまでも若々しい内臓を作れるのではないでしょうか。

広告募集中